【越後高田の布袋屋】

新潟県上越市の地酒屋、ほていや酒店でございます。





2月23日(日)、長岡市の朝日酒造さまへ訪問。

「朝日蔵」の蔵見学をさせていただきました!





地元でいっしょに頑張っている仲間の酒屋、5店6名で伺いました。

事前に朝日酒造の営業さんと打ち合わせした甲斐があり(?)、朝日蔵の杜氏にご案内いただきながらの見学。



一号蔵、「朝日蔵」です。吟醸クラスのお酒を主に醸す蔵です。

ちなみに朝日酒造内にはもうひとつ蔵があり、そちらは「松籟蔵」と言います。





結構大きめの酒林。だいぶ茶色い部分が見えるようにもなってきました。

建物ごとに吊るしてありました。



見学は浸漬のタンク場から始まり

(圧巻!精米、洗米が済み蒸きょうを待つお米たちは、とてもキレイに光っていました。)



製麹室の中も見せていただき

(ここは去年見ることができませんでした。床は長方形ではなく、大きな丸型。こちらも圧巻。)



酒母室ではいい香りがほのかに漂い

(朝日酒造のお酒はそこまで香りをきかせるものではないですが、さすがに現場ではかなりいい匂いが!)



仕込み部屋ではいろんな段階のもろみを見ることができました。

(ここで興味深かったのが酵母の話。朝日酒造では自社培養のオリジナル酵母を使っている酒があります。理想とするお酒の味と品質があり、それを引き出すために既存ではない酵母を求めるとのことです!)



とにかくスケールが大きく、こだわりにこだわり抜いて、細心の注意を払って「高い品質のお酒を届ける」

そんな朝日酒造の思いが体現されているかのような蔵設備。

何度来ても、勉強になることばかりです。



今後とも間違いなく深いお付き合いをさせていただく蔵なので、これで満足せず、訪問を重ねていきたいですね。



そんな朝日酒造から「越州 桜日和」好評販売中です。



720mlで1,743円(税込)、ぜひお試しください。

「越州 桜日和」紹介記事はコチラ。



ほていや酒店公式ブログ「布袋屋瓦版Online」、2014年2月27日の更新でした。

ほていや酒店公式Facebookも、ご覧ください。
コメント
コメントする