【越後高田の布袋屋】

新潟県上越市の地酒屋、ほていや酒店でございます。



地元上越市の銘酒、「雪中梅」の丸山酒造場さまの蔵見学、つづきです。

かなり長い時間見学させたいただき、写真もたくさん撮ったので分量も多くなってしまいますが、なるべく読みやすいように書こうと思いますのでどうぞお付き合いくださいませ!



さて、麹室のあとは仕込み部屋・酒母室です。つくりの順番としては逆ですが…。

そのまえに蒸米に使う窯と、蒸した米を冷やすための放冷機。

丸山酒造場では、すべて窯で蒸米をつくります。



放冷機。冷やした蒸し米を布で直接運んだり、エレベータで上階の麹室に送ったりします。





仕込中の本醸造!

ここからどんどん泡が昇ってきます。ちなみに丸山酒造場では泡なし酵母は使っていません。すべての仕込みに、しっかり泡ができます。



別のタンク。こちらはもうすぐ搾りに回ります。



酒母室に移動!

米、米麹、水、酵母菌を投入した当日です。

さすがにまだ硬そうですね。なかの筒から出てくる水をすくって周りにかけて、米をやわらかくします。

山廃仕込みのそれと違い、次の日にはだいぶ水分が上昇してきます。



こんな感じ。1日に時間を決めて、何度も櫂(かい)でかきまぜます。





真ん中のヤカンのようなものには、冷水が入っています。ある程度まで酒母の育成が進んだら、これ以上上昇してこないように落ち着かせる必要があります。





ちょっと写真がブレていて申し訳ないのですが、吟醸タンクの部屋も見せていただきました!

吟醸の香りもすでに感じられたかな?



「本蔵」を一通り見せていただいたあとは、建物を違えて普通酒のみをつくる「茜蔵」にもお邪魔してきました。

それはまた、稿を改めたいと思います。



というわけで、続きます!すみません。
コメント
コメントする