ほていや酒店です。

 

待望!の新商品入荷です!

 

美守-hidamori-雪中梅純米吟醸

720ml−2,376円(税込)

※化粧箱つき

 

美守-hidamori-雪中梅純米吟醸

 

ほていや酒店ネットショップでも発売中!

美守-hidamori-雪中梅純米吟醸 720ml

 

【 テイスティング・ノート 】

先日、一足先にテイスティングしてきました。

吟醸酒らしい香りが、わずかに漂います。

目立つ強い香りではなく、ほんのりとおだやかに感じさせる香り。

「雪中梅 純米」で培った酸味の効かせ方をこの「美守」にも活かしていますね。

甘みを楽しみながらスッキリとしたのど越し。

冷やして、すいすい飲めてしまいますね。

 

先日の記事と同内容ですが、美守のご紹介です!

↓↓↓

 

【 地元産にこだわった"米" 】
「美守(ひだもり)」の使用米は、五百万石と越淡麗。
どちらも丸山酒造場の地元である塔ノ輪産の酒造好適米です。
ワインで言うところの"テロワール"−生育環境を強く意識しています。
地元産の米を使い、蔵の敷地内から湧き出る井戸水で仕込む。

【 美守−ひだもり とは?】
雪中梅としては珍しく、特定名称以外の別名を付けています。
美守は、蔵の所在地がかつて冠していた古名です。
丸山酒造場の所在地である「塔ノ輪」は、縄文時代の古窯跡が残る東頸城丘陵の西端に位置することから、古くは夷守
(ひなもり)とよばれていました。
江戸時代に「美守(ひだもり)」と字を変え、明治以降は町村合併などにより美守村→三和村→上越市三和区、と所属する自治体が変わり、現在に至ります。

【美守−ひだもり−どんなお酒? 】
上に書いた通り、美守という名前をつけることで、改めて地酒というものを見つめ直したお酒であるとも言えます。
塔ノ輪産「五百万石」と塔ノ輪産「越淡麗」どちらも精米歩合は50%。
麹米を、丸山酒造場自慢の「蓋麹仕込み」で作っています。
なにしろ初めて世に出るお酒です。
雪中梅の丸山酒造場らしいやわらいかい甘さ、落ち着いた口当たりは守りつつ、50%精米の洗練されたスッキリ感、吟醸らしい香りも少なからず感じていただけます。
まだまだ製造・流通において試行錯誤の面も多々あると思います。
新しい試み、挑戦をぜひ一緒に見守ってくださいね。

 

この夏、全力でおすすめしたい雪中梅。

ぜひよろしくお願いします〜!!

 

美守-hidamori-雪中梅純米吟醸 720ml

 

越後高田

ほていや酒店

〒943-0834 新潟県上越市西城町2-2-17

Tel:025(524)3837

Fax:025(524)7099

E-Mail:hoteiya@joetsu.ne.jp

HP: http://hoteiyasaketen.com

コメント
コメントする