毎年10月1日は「日本酒の日」です。



なぜ10月1日なのでしょうか?



?干支の10番目の動物=「酉」が酒壺を意味し、もともと酒を意味する言葉でした。

(そもそも昔は酒は発酵した固形の食べ物でした。後に飲み物になり、さんずいがついて「酒」となったのです。)



?10月の別名といえば「神無月」ですが、「醸成月」(「かみなんづき」)=「酒の月」とも言われます。稲の収穫がひと段落し、酒づくり が本格的に始まる月でもあります。



?1978年、日本酒造組合中央会により10月1日を日本酒の日と定めました。当時は酒造年度を10月1日から翌年9月30日で区切っていたことも理由の一つとして挙げられています。

(※現在の酒造年度は7月1日から翌年6月30日を区切りとしています。)



というわけで10月1日は日本酒の日です。

みなさん、日本酒を飲みましょう!









ほていや酒店公式ブログ「布袋屋瓦版Online」10月1日分の更新でした。 

ほていや酒店はフェイスブックもやっています。



よろしくお願いします。
コメント
コメントする