<< 今日は暖かい1日でした! >>

 

今週いちばん気温の高い日でした。

雪もだいぶ溶けた気がします。昨日鮎正宗酒造で雪をたくさん見てきたから、よけいそう思うのかもしれませんね。

それにしてもこの時期は気温の差が激しく、1日ごとに気候が読めません。

体調管理や、服の選択に気をつかう毎日です1

 

 

<< 越州 桜日和 入荷しました!>>

 

さてそんな中ではありますが、春の訪れをかんじさせる限定酒が入荷してきましたのでご案内します。

 

越州 桜日和

 

越州 桜日和

720ml −1,792円(税込)

 

"えっしゅう さくらびより" と読んでくださいね。

 

ほていや酒店ホームページでもご案内↓

越州 桜日和 720ml

※ホームページではご案内のみにとどめており、買い物かごはつけていません。

 電話/メール/お問合せフォームなどにより、直接ご連絡にてご注文・お問合せ承ります。

 

越州−原料米を「千秋楽」という品種に統一しています。

ほかの品種とくらべても収穫時期が遅いことから名づけられた「千秋楽」。

表面から溶解していき、もろみに米の旨みと味がやわらかく溶けてゆく造りが実現できます。

アルコール度数が低くても薄く感じさせない、味わいのあるお酒となるのです。

 

越州 桜日和

越州 桜日和は、アルコール度数13度と通常のお酒よりも2度ほど低いです。

ほかの越州シリーズと比べても甘めにつくっていて、ほどよい米の旨味とほのかに漂う華やかな香り、ふくよかな味わい、そしてするりするりと心地よい喉越しをご堪能いただけます。

 

<<蔵元のコメント>>

春を楽しむ吟醸酒

心地よい軽やかな甘さと上品な香気を持ちあわせた、春の楽しみが広がる吟醸酒

越州 桜日和

 

2月〜4月の季節限定酒。

当店では例年、高田城の観桜会期間中には完売してしまいます。人気商品!

もちろんいま飲んでいただいても美味しいです。

甘い香味ときれいな桜色のラベル・瓶装で、春の到来を待ちわびながらお楽しみいただくのも一興。

 

どうぞよろしくお願いします!

 

越州 桜日和 720ml

 

越後高田

ほていや酒店

〒943-0834 新潟県上越市西城町2-2-17

Tel:025(524)3837 Fax:025(524)7099

E-Mail:hoteiya@joetsu.ne.jp

HP:http://hoteiyasaketen.com

<< 鮎正宗酒造に行ってきました!>>

 

今日2月15日、朝から車を走らせ妙高市へ。

取り扱い銘柄「鮎正宗」「」などの製造元である、鮎正宗酒造へお邪魔しました。

鮎正宗酒造

 

毎年恒例、雪中貯蔵酒の埋め込み作業のお手伝いです。今年で3回目の参加!

鮎正宗酒造 雪中貯蔵酒 埋め込み作業

 

 

…なんと時間の見通しを誤り、私が現地に到着するころには積み込みが終わっていました…

なんという不覚…!

 

鮎正宗酒造 雪中貯蔵酒 埋め込み作業

 

鮎正宗酒造 雪中貯蔵酒 埋め込み作業

積んだケースを守るためのコンパネや台を敷く作業など、少しでも遅れを取り戻すべく作業。

到着から30分弱くらいで、準備が整いました。

 

鮎 雪中貯蔵酒

重機で雪を集め、ピーターで飛ばしてかけていく。半日かけて作業を行います。

 

鮎 雪中貯蔵酒

 

 

 

記念撮影・雪中貯蔵酒と私

ちゃっかり記念撮影。

 

その後は移動して、蔵内の仕事を見せてもらってきました!

 

 

鮎 雪中貯蔵酒

 

鮎正宗酒造

 

鮎正宗酒造

 

蒸しあがった米を麹室に引き込む様子を、リアルタイムで見学。

鮎正宗酒造 蒸米

 

↓ここまで入るのは、実は初めての体験!

嬉しい&気持ちが引き締まります!

鮎正宗酒造 蒸米

 

 

さらに室の中や、枯らし中の麹米、仕込み待ちのタンクなどなど、

いろいろ見せてもらいました。大変勉強になる時間。

減圧蒸留装置
↑粕取焼酎用の、減圧蒸留装置。これを使って「輪月」が生まれるのです。

 

鮎正宗酒造 タンク

 

鮎正宗酒造 仕込み前のもろみ

 

ちなみに、麹米にした米は五百万石の58%精米とのことです。特別本醸造や、銀ラベルなんかに使うんですね!

酒づくりのことについて、より確かな体験ができたと思います。

至れり尽くせりで、感謝・感謝ですね!

 

雪中貯蔵作業 追い込み!

今回作業した雪中貯蔵酒=鮎 純米吟醸雪中貯蔵は、例年通り5月下旬に雪の中から取り出し→瓶詰めし直し→6月に入ってから出荷!

の予定です。

鮎 純米吟醸 雪中貯蔵 1.8L

鮎 純米吟醸 雪中貯蔵 720ml

まだ当店のホームページでは情報更新していませんが、詳細確定しだい、ご案内いたしますね。

いましばらくお待ちください。

 

8時半〜10時半くらい?約2時間の滞在でしたが、大変実りある時間でした。

蔵元のまじめで確かな仕事ぶりやこだわりを、しっかりお客様にお伝えできるように酒屋という立場でより頑張っていきたいと思います!

 

越後高田

ほていや酒店

〒943-0834 新潟県上越市西城町2-2-17

Tel:025(524)3837 Fax:025(524)7099

E-Mail:hoteiya@joetsu.ne.jp

HP:http://hoteiyasaketen.com

結構雪が降りましたね〜。

今朝は店の入り口に道路に積もっていたであろう雪がだいぶ寄せられていたので、1時間ほど雪かき作業をしました。

雪そのものは軽く、思ったよりも重労働ではなかったですね。

なんだかんだで2月も10日すぎ。そろそろ冬のピークも下り坂に差し掛かるころでしょうか?

 

さてそんな中、この時期ならではの酒−新酒のにごり酒が入荷してきました。

当ブログでもおなじみ、"剣一郎の酒"。千代の光酒造"K"シリーズの新作です!

 

 

純米吟醸KENICHIRO 遠心分離にごり酒 瓶火入れ

720ml−1,728円(税込)

 

ほていや酒店ホームページでも発売中!↓

純米吟醸KENICHIRO 遠心分離にごり酒 瓶火入れ 720ml

 

純米吟醸KENICHIRO 遠心分離にごり酒 瓶火入れ

千代の光酒造・次代を担う池田剣一郎氏がいちから仕込む千代の光ニューブランド。

試作の初年度(2015年)、本格販売開始の2年目(2016年)を経て、3年目のKが、いよいよこのたびお目見えです。

 

遠心分離装置−回転の力で、発酵したもろみを酒と酒粕に分ける機械です。

圧力をかけずにしぼるので、粕に残る酒は相当多い(=粕歩合が高い)ということになります。

お酒のほうも、やわらかくやさしい口当たりになります。

 

純米吟醸KENICHIRO 遠心分離にごり酒 瓶火入れ

お酒そのもののほうは、昨年11月から製造が始まった、H28BYの新酒。

Kシリーズとしては、初めて「越淡麗」を使っています。

すっきり淡麗を造るのに適した「五百万石」と、おなじみ「山田錦」を掛け合わせて生まれた「越淡麗」。

それで仕込むお酒は、ふくらみを感じさせながらもキレのあるものになる−

Kの味に合いそうな米ですね。

 

純米吟醸KENICHIRO 遠心分離にごり酒 瓶火入れ

通常、遠心分離装置は中でもろみを毎分2,300回転させて、酒と酒粕に分けます。

この通称「Kにごり」は、その数値を1,800回転/分に下げ、より多くにごり分が残り微粒子漂うお酒になるように調整しました。

にごり分は濃いものの、スッキリとした口当たりで、人によっては辛く感じるかもしれませんね。

アルコール度数は16度と、これまでのKと同じく「原酒としては、度数低め」な位置づけ。

 

私は今期も何度か蔵元に出向き、Kの仕込みを手伝わせてもらっていますが、毎回毎回、新しい知識と方法を勉強し、仕入れ、試してみる姿勢にはとてもワクワクさせられます!

櫂入れや麹つくりにも携わっているので、思い入れも強いですよ。

しっかりと、売っていきたいと思っています!

 

純米吟醸KENICHIRO 遠心分離にごり酒 瓶火入れ

数量限定商品。今月と来月、2回の納品を予定しています。

気になった方は、どうぞお早めに!

 

よろしくお願いします!

 

純米吟醸KENICHIRO 遠心分離にごり酒 瓶火入れ 720ml

 

せっかくなので去年の仕込みや麹米引き込みの様子を…。

 

K仕込み。2016年11月

 

Kの、麹米づくりにも参加。2016年11月

 

越後高田の布袋屋

ほていや酒店

943-0834 新潟県上越市西城町2-2-17

Tel0255243837

E-Mailhoteiya@joetsu.ne.jp

HP http://hoteiyasaketen.com

月〜土 8:3019:30営業

毎週日曜日 定休日

2月1日の営業予定案内以降、10日ぶりの更新です。

FBのほうはそれなりに更新しているのですが、こちらは気を抜くと間が開いてしまっていけませんね!

画像編集とか、大変だからでしょうか。自己分析。

そんなことも言ってられないので、こちらも頑張って更新していきます!

ぜひ追ってやってください。

 

さて、例年より、というか予定より早く、ピンク色のアイツが入荷してきました!

 

ピンク色のにごり酒 さくらいろ−SAKURAIRO−

さくらいろ−SAKURAIRO−純米にごり酒

500ml−1,274円(税込)

 

ほていや酒店ホームページでの販売はこちら↓

さくらいろ−SAKURAIRO−純米にごり酒 500ml

 

毎年恒例、2〜4月の短期間限定にごり酒です。

白い瓶から、とろりと濃い目のにごり酒がとくとくと流れ出てきます…

その色は、まさかの鮮やかなピンク色!

ピンク色のにごり酒 さくらいろ−SAKURAIRO−

 

着色料の類は一切使わず、ピンク酵母という特別な酵母と、鮎正宗酒造自慢の確かな酒造技術により、この発色に成功しているのです。

鮎正宗の、にごり酒。なので基本甘口です。

今年は比較的さらりとした味に仕上がっていますね。

アルコール度数10度とやさしい味なのですが、今年はさらにやさしい飲み口になっています。

 

ピンク色のにごり酒 さくらいろ−SAKURAIRO−

上にも書きましたが、2から4月の限定出荷商品。昨年は高田公園の観桜会期間中に販売終了しました!

今年はどうなるでしょうか?ぜひお気軽にお問合せ・ご注文ください。

 

よろしくお願いします!

 

越後高田

ほていや酒店

〒943-0834 新潟県上越市西城町2-2-17

Tel:025(524)3837 Fax:025(524)7099

E-Mail:hoteiya@joetsu.ne.jp

HP:http://hoteiyasaketen.com

2月!

 

1月、上越では10日ごろから結構な量の雪が降りましたね〜。連日雪かきに追われていましたが、いまはちょっと落ち着いているでしょうか?

雨が降る日も多く、積もりはするけど溶けるのも早く…といった感じです。

今日(1日)の夜から明日にかけて暴風雪の予報が出ていますが…どうなることやら。

今週末は、地元・金谷山でイベント「レルヒ祭」が開催されます。

5日(日)は当店お休みをいただくので、ちょっと家族と遊びに行ってこようと思っています。雪がないと困る催しなので、「少し、雪が降る」程度の天候だと嬉しいのですが。

 

さてお休みの話題を出したところで、今月のほていや酒店営業予定のご案内です。

 

ほていや酒店2017年2月営業カレンダー

 

2月のお休みは日曜日のみ。

5日、12日、19日、26日、休業日とさせていただきます。

11日(土)は祝日でもありますが、前日10日に酒らぼオリジナル銘柄千代の光ピルエットが発売することもあり、通常営業いたします。

他の平日/土曜日ももちろん通常営業。8:30〜19:30の営業時間で、ご来店・ご注文心よりお待ちしております。

 

よろしくお願いいたします!

 

越後高田の布袋屋
ほていや酒店
〒943-0834 新潟県上越市西城町2-2-17
Tel:025(524)3837
Fax:025(524)7099
E-Mail: hoteiya@joetsu.ne.jp
HP: http://hoteiyasaketen.com

2日続けての更新&3回続けての商品案内での更新です。

 

ほていや酒店の飯島です。

 

今日も朝から寒かったですね〜。

晴れ間が見える時間帯もあったのですが、配達時には降雪が肌に厳しい一日でした。

風が強かったのもあり、まさに真冬!な感じでしたね。

 

さてさて、そんななかではありますが、暖かくした室内で、じっくりゆっくり呑んで酔いしれていただきたいお酒が入荷してきました。

毎年この時期恒例、朝日酒造より、久保田!の新酒です!

 

久保田 生原酒 1月24日入荷!

久保田 生原酒

1.8L−3,369円(税込)

720ml 1,512円(税込)

 

ほていや酒店ホームページでもご案内

久保田 生原酒 1.8L

久保田 生原酒 720ml

 

<<製造元(朝日酒造)からの商品説明>>

吟醸の原酒・生酒です。

しぼりたての生酒ならではの若々しさとスッキリ感、そして、原酒ならではのしっかりとした味わいが特長です。

 

久保田 生原酒 1月24日入荷!

蔵元からのコメントにある通り、酒質としては吟醸酒になります。

原料米は新潟県産の酒造好適米「五百万石」を全量使用。

米麹をつくるための「麹米」で50%、仕込みに使う「掛け米」で55%の精米歩合です。

アルコール度数19度と、原酒としても高い部類に入りますね。飲みごたえあり!

醸造アルコール添加の吟醸酒ながら、新酒らしい米の香りのインパクトは抜群。米の味わい、旨味が力強く舌と喉を通ってくれます。新酒ならではの心地よい鮮烈な刺激で、とにかく「美味い」酒。

それでいて、飲み進めても飽きの来ない、杯を重ねられるお酒です。これが「久保田」の身上かつ最大の武器である「キレ」ということなのだと思います!

辛口と一言で済ませるにはもったいなくらい奥深い「キレ」。味わい深く、濃い飲み口なのにスっと喉の奥で"消えてくれる"。

こんなに何杯でも飲めてしまうお酒。

大好きな味です。

 

久保田 生原酒 1月24日入荷!

生酒なので基本は冷酒で。

この季節、暖かい部屋で熱い鍋物にも、刺身なんかにもいいですね。

毎年1月下旬、蔵元直送で1度きりの出荷商品。

売り切れ御免の人気の一本です。ぜひ!よろしくお願いいたします。

 

久保田 生原酒 1.8L

久保田 生原酒 720ml

 

越後高田の布袋屋
ほていや酒店
〒943-0834 新潟県上越市西城町2-2-17
Tel:025(524)3837
Fax:025(524)7099
E-Mail: hoteiya@joetsu.ne.jp
HP: http://hoteiyasaketen.com

今日は寒かった!

 

ほていや酒店の飯島です。

土日の大雪の天気予報は見事にはずれ、過ごしやすい週末を過ごしました。

日曜日の夜に降った雪はそれなりで、朝起きたら道路入り口には雪の塊が積んでありましたが…(苦笑)

 

今日配達に来てくれた鮎正宗酒造の蔵人さんは、10時過ぎ時点で新井は30〜40cmくらい積もっていた、と言っていました。

さすがは妙高山のおひざもと(←?)、すごいです。

 

さて、そんな鮎正宗酒造のこの時期の限定商品。

入荷していますのでご案内いたします。

 

初鮎 純米吟醸 生酒 1月20日入荷!

初鮎 純米吟醸 生酒

720ml−1,836円(税込)

 

ほていや酒店ホームページでもご案内。

初鮎 純米吟醸 生酒 720ml

 

初鮎−はつあゆ、とお読みください。

たかね錦の50%精米。い〜い感じの高品質のお酒ですね。

初鮎 純米吟醸 生酒 1月20日入荷!

 

加水調整はしてありますので、原酒でありません。

みずみずしい鮮烈さがありながら、飲み口は感じていただけます。

例年よりもすこしスッキリ目になっている、とは蔵元の弁。

ただ生酒なので、ここから数日・数週間経ってくると、また味わいも変化してくるかもしれません。

生酒の醍醐味というか、魅力ですね。

初鮎 純米吟醸 生酒 1月20日入荷!

 

今年から、瓶装がリニューアル!

瓶の色を、緑から透明がかった水色に変えました。

印象では、よりラベルとの相性が良いように思います。冬をしっかり感じさせながら、川を優雅に元気に泳ぐ鮎がより綺麗に見えるのではないでしょうか?

ぜひ、現物を確認していただき、実際に飲んで舌鼓を打ってみてくださいね!

 

例年、2月、長くて3月くらいで完売してしまう人気商品です。

お求めはお早めに。

 

最後にもう一度ホームページのリンクを貼っておきます。

 

初鮎 純米吟醸 なま酒720ml

 

初鮎 純米吟醸 生酒 1月20日入荷!

よろしくお願いいたします!

 

越後高田の布袋屋
ほていや酒店
〒943-0834 新潟県上越市西城町2-2-17
Tel:025(524)3837
Fax:025(524)7099
E-Mail: hoteiya@joetsu.ne.jp
HP: http://hoteiyasaketen.com

ほていや酒店の飯島です。

 

新年のご挨拶以来の更新。

少しご無沙汰してしまいました。

 

酒らぼオリジナル銘柄「千代の光ピルエット」の告知作業や、「久保田」関係の出張などお伝えすべきトピックもあるのですが、本日はひさしぶりの入荷情報。

この時期のしぼりたて新酒!ということで、竹田酒造店の「かたふね」をご紹介いたします。

まさに今日!1月19日に、蔵元から直接配達してもらいました。

 

かたふね本生しぼりたて

かたふね 本生しぼりたて

1.8L−2,484円(税込)

720ml−1,296円(税込)

 

ほていや酒店ホームページで好評発売中!

かたふね 本生しぼりたて 1.8L

かたふね 本生しぼりたて 720ml

 

<<蔵元のコメント>>

まさに、今うまれたばかりの「かたふね」。

「米」の旨みが香るフレッシュなのど越しと鮮烈な味わいをお楽しみください。

この時期にしか味わえない一品です。

 

かたふね本生しぼりたて

 

<<ピックアップ!>>

今年から、ラベルデザインが変わりました!

かたふね本生しぼりたて

箔押しでオシャレな雰囲気。緑色が、なんとなく新鮮なイメージをさらに際立たせてくれるように感じます。

いままで(白地に、黒い「かたふね」の文字。赤い「本生」の文字)と比べると、"このお酒だけのラベル!"感がぐっと増したようです。

かたふね本生しぼりたて

赤地に白文字の「無濾過」も、いいアピールになっていると思います!

 

<<このお酒について>>

特別本醸造酒の新酒生酒。上槽後に加水してあるので原酒ではありませんが、16.8%と通常のお酒(15度)よりもやや高いアルコール度数です。

フレッシュな香りと舌触りで、キレよくスっと喉を通ります。

しぼった直後だからでしょうか?もう少し時間が経つと、味わいが出てさらに美味しくなるかも?です。

期待大です。

かたふね本生しぼりたて

1月下旬〜2月いっぱいをめどに出荷される限定酒です。

気になる方、どうぞお買い逃がしのないように。

 

よろしくお願いいたします!

 

越後高田の布袋屋
ほていや酒店
〒943-0834 新潟県上越市西城町2-2-17
Tel:025(524)3837
Fax:025(524)7099
E-Mail: hoteiya@joetsu.ne.jp
HP: http://hoteiyasaketen.com

ほていや酒店、新年のご挨拶。

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 

改めまして、昨年中のご愛顧、誠にありがとうございました。

引き続き本年も、変わらぬご贔屓のほどをどうぞよろしくお願いいたします。

 

初売り挨拶

今日1月2日、仕事始めということで10時から営業開始いたしました。

年明けすぐにも関わらずご来店、ご注文いただきましたお客様には心より御礼申し上げます。

 

明日1月3日は、9:00〜18:00の営業時間。

よろしくお願いいたします!

 

また、1月の営業予定のご案内もしておきます。

1月 営業予定カレンダー

 

8日(日)9日(月・祝)15日(日)22日(日)29日(日)はお休みです。

そのほかの日は、4日以降すべて8:30〜19:30の通常の営業時間です。

ご来店・ご注文お待ちしております!

 

御年始のお使い物用のお酒、まだまだご自宅でのんびりするためのお酒、おみやげとして持ち帰る/送るお酒…。

どうぞご用命くださいませ〜。

 

越後高田の布袋屋
ほていや酒店
〒943-0834 新潟県上越市西城町2-2-17
Tel:025(524)3837
Fax:025(524)7099
E-Mail: hoteiya@joetsu.ne.jp
HP: http://hoteiyasaketen.com

今年の12月はまったくブログを更新できませんでした…

残念でなりません!申し訳ないです。

 

12月はおかげさまであわただしい日々を過ごすことができました。

商売人としては、師走に忙しいのはうれしいことでもあります。

しめのあいさつ

 

本日31日、18:00をもちまして2016年の営業を終了いたしました。

今年もたくさんのお客様からご来店、ご注文いただきました。

本当にありがとうございます。

 

この一年、いろんな刺激をたくさんの同業者、他分野、そしてお客様から頂戴いたしました。

いい経験をさせていただいています。

得たものを、しっかりと営業に還元していきたいと思います。

 

簡単ではありますが、2016年の締めの挨拶でございます。

 

明日1月1日はお休みとさせていただきます。

新年初売りは2017年1月2日、午前10時より始めます。

みなさま、どうぞよろしくお願いします!

 

ほていや酒店

店長 飯島達徳

 

越後高田の布袋屋
ほていや酒店
〒943-0834 新潟県上越市西城町2-2-17
Tel:025(524)3837
Fax:025(524)7099
E-Mail: hoteiya@joetsu.ne.jp
HP: http://hoteiyasaketen.com